So-net無料ブログ作成

Twitterまとめ投稿 2017/07/31 [Twitter]


Twitterまとめ投稿 2017/07/30 [Twitter]


TONEモバイル発表会2017年7月【動画あり】 [日記]






今週はTONEモバイルの発表会があった。最近、TONEモバイルは「VERY」という女性誌とタイアップした企画を進行していた。VERYは小さな子供がいる母親のような年齢層の女性をメインなターゲットにしている雑誌なのだが、そんなVERYが「こんなスマホがほしい」とリクエストを出し、TONEモバイルがそれを取り入れたスマホをつくるというわけだ。



発表会ではまず、CEOの石田宏樹氏がTONEモバイルを取り巻く未来情報、MVNO周辺市場(マーケティングにおけるTONEモバイル)、2017年度の戦略などについて話をした。

「未来情報の話。人工知能が話題です。人間は比較的直線的に成長していくのに対し、コンピュータは倍々で成長していく、今、シンギュラリティー(特異点)と言われて、2020年から2040年にコンピュータの能力が人間を上回るのではないかと言われている。

逆に言うと、コンピュータが人間を上回る最後の数年を我々は生きている。コンピュータは生まれてわずか20年の歴史でその能力を達成してきている。現在では加速度的に、垂直的に、そのイノベーションが立ち上がっていくと言われている。






これは未来情報として単なる予測ではなく、必ず来る未来。進化は確実に加速している。

たとえば、我々は1年半前にTONE m15を発売しましたが、その1年半の進化を見てみても、例えば1年半前の10月、囲碁の世界でプロの2段を破りました。

それが、今年2017年5月、世界最高峰のプロの9段を破り、AlphaGoはもう戦う相手がいないと引退宣言をしました。たった1年ちょっとの間にこれだけの急激な進化をしたわけです。

スカイプなどにしても、リアルタイムに音声を自動翻訳してくれるというような進化をしました。このようなサービスが無料で手に入るようになってきている。

また、宇宙開発は国家が行うビジネスだったが、スペースXなど民間企業が再利用ロケットを完成させるなど、世の中がいろいろ変化してきている。その考え方もユニークで、使用した機材を再利用したりしてコストダウンしている。そういう時代になってきている。

国家の影響力を越えたところで、ビットコインのような仮想通貨が一般的になってきている。また、モバイル決済も普及し、しかも日本やアメリカではなく、中国の農村部などでも普及している。

加速する人工知能に引っ張られて、あらゆる進歩が加速度的に進化している時代です。」

という感じ。この続きが気になる人は、youtubeに動画をアップロードするので、そちらを見てください。